自転車事故の目撃が保険加入のきっかけに|au損保の口コミ

rabeatさん(男性・48歳)おすすめの自転車保険

加入した自転車保険 au自転車向け保険 Bycle 本人タイプ
保険料(月額) 370円

通勤用にクロスバイクを購入

通勤のため、自宅と駅の間を自転車で往復しています。
今住んでいる場所に越してきたからはずっとバスを利用していたのですが、2年ほど前、運動を兼ねて自転車通勤に変えました。
休日にポタリングをしようかと思いクロスバイクを購入したのですが、実際はなかなか時間が取れず、完全に通勤用となっています。

目の前で事故を見たのが加入のきっかけ

自転車保険に加入した理由は、3か月ほど前、歩行者と自転車の衝突事故を見たからです。

その日の朝、私はいつものように駅前の駐輪場に向かっていました。駐輪場入口に続く道路は、あまり広いとはいえず、毎朝、車と自転車と歩行者で混雑しています。

通常、そこを走る自転車のほとんどは、歩く早さと同じくらいまでスピードを下げています。
そのため、自転車が誰かにぶつかったり、車のドアを擦っていくというような光景は一度も見ることがありませんでした。

しかし、その日は違いました。高校生くらいの男性がかなりのスピードを出してその道に入ってきたのです。

危ないなあと思ってみていると次の瞬間、ハンドルを切り損ねたのか、斜め前を歩いていた若い女性に衝突しました。
高校生は自転車から投げ出され、若い女性は右肘を押さえたままうずくまっていました。
女性を介抱する人、高校生に罵声を浴びせる人、救急車を呼ぼうとする人(これは私です)などがいました。
幸い両者とも大きな怪我はなかったのですが、朝からぞっとするような出来事でした。

電車に乗りながら、ふたつのことを考えました。
自分は毎日自転車を使っている、安全に走行しているつもりでも、何かの間違いで誰かを「怪我をさせてしまう」かも知れない。
もうひとつ、毎日勤務先がある駅から会社まで5分程度歩く。そこは自宅周辺よりはるかに人も自転車も多い。
気をつけながら歩いていても、自転車に衝突されて「怪我をしてしまう」かも知れない。

いくつかの保険会社を比較

その日の夜、私はインターネット使って、自転車保険について調べました。
と言っても、ただ「自転車保険」とキーワードを入れただけです。検索して出てきたいくつかの会社のHPを見ながら比較検討してみました。
自動車の任意保険には加入しているので、それと同じように「月々または年間保険料」「死亡・入院時に払われる金額」「事故を起こした際の賠償金額」「プラン設定」「申込方法」などをチェックしました。

どこの会社にも惹かれるようなところはありましたが、とりあえず保険料と賠償金額のふたつを優先して、「セブン-イレブン自転車向け保険」と「au 自転車向け保険 Bycle」を候補にしました。
最終的にauの方に決めたのは、相手への賠償金額がわかりやすく説明されていたからです。加えて自分の携帯電話キャリアがauであるため、かんたん決済が使えることも大きかったです。

よかったのは安心感と気が引き締まったこと

自転車保険に加入して3か月が過ぎました。
仮に自分が事故にあったり、転倒して怪我をしても、保険があるから大丈夫という安心感はもつようになれたことはとてもよかったと思います。
もちろん、実際は事故にあいたくないし、転びたくもないですけど。

ただ、誰かを事故に巻き込んだり、誰かの車を傷つけたりすること、つまり自分が加害者になることについては、安心とは違う感情も持っています。
逆に気持ちが引き締まったと感じています。
それは自転車保険に入ったことよりも、自転車保険について考える時間を持てたことに由来するのかもしれません。
生活を便利にする乗り物が、凶器となることもあるということを考えさせられました。

あの時見た自転車事故、あの高校生は自転車保険に入っていたのかなあと考える時があります。
私とは何の関係もない事故です。でも、彼が加入していたとするなら、ほんの少しだけ、私も救われた気になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です