個人賠償責任保険があれば、自転車保険はいらない理由

人をケガさせたり物を壊してしまった時の個人賠償責任保険に入っていれば、自転車保険は要りません。その理由を説明します。

 

「自転車保険」でなくても良い

自転車保険に入ろうと検討している方の中には、「自転車保険って本当に要るの?」と感じる方もいるのではないでしょうか。

自転車保険は傷害補償と個人賠補償の組み合わせです。医療保険や個人賠償保険で既にカバーできている部分がある、という方が多いはず。

実は、自転車保険に入らなくても良いケースもあります。むしろ自転車保険が必要なのは、他に何の保険にも入っていない方や絶対にロードサービスが欲しい方など、限られたケースなのです。多くの場合、わざわざ自転車保険に入る必要はないとも言えます。

とはいえ、自転車事故への備え自体が必要ないということではありません。「自転車保険」と呼ばれる商品でなくてもその備えはできる、ということなのです。

 

大切なのは賠償能力

自転車事故の補償として一番大事なのは個人賠償責任補償です。自転車事故の過去の判例で1億円を越えた賠償は今のところないので、目安は1億円の補償。それさえあれば、一先ず安心して大丈夫です。

個人賠償責任は、それだけで加入できる保険もありますし、火災保険や自動車保険、傷害保険などの特約にセットできる場合もあります。「自転車保険」と名前が付いていなくても、基本的に自転車事故による賠償も対象になりますから安心です。該当する保険に加入していないかチェックしましょう。

既に個人賠償責任に加入していて、かつ1億円の補償を確保していれば、自転車保険に入る必要はほぼありません。

あとは「自転車保険」の残りの部分、つまり自分のための傷害保険やロードサービスなどのサービスの部分を、必要に応じてプラスしていきます。入院などの医療保険が既にあれば、それでOKです。

ただし、示談交渉代行サービスは個人賠償責任とセットで重要です。個人賠償責任保険に代行サービスが含まれているかも、忘れずに確認しましょう

 

安い個人賠償責任保険はクレカ会員専用保険

個人賠償責任保険に新しく加入する場合におすすめなのが、エポスカード会員専用の「エポラク傷害保険」と、三井住友VISAカード会員専用の「ポケット保険」です。 どちらも引受保険会社は三井住友海上火災で、基本的な内容は同じです。

自由に組み合わせられる保険になっていて、個人賠償責任保険の最も安いコースは月々140円で1億円の補償が受けられます。示談交渉代行サービスもあり安心です。必須のセットとして入院補償があり、入院1日あたり500円が支払われます。

カード会員専用なのでカード発行の手間や年会費が気になりますが、エポスカードなら年会費は無料です。三井住友VISAカードも、使い方によっては年会費が無料になったり割引になります。

カードさえ作ってしまえば加入手続きはネットで済みますし、なにより安いのが魅力的。対象のカードを持っている方にはもちろん、そうでない方にもおすすめできる内容です。