JCBのトッピング保険は安い|JCBカード自転車保険の口コミ

Naruさん(男性・50歳)おすすめの自転車保険

加入した自転車保険 JCBカードトッピング保険自転車プラン(基本)
保険料(月額) 250円

テニススクールの往復に自転車利用

週に3~4回、買い物のための本屋やスーパー、週一のテニススクールなどへの往復です。
距離的には、テニススクールが一番遠いですが、それでも2Kmぐらいです。

勤務先では保険加入が必須だった

以前勤務していた大企業で、事業所に自転車で通う場合には、保険加入が必須でした。
そのため、加入に違和感はありませんでした。

また、高校生が自転車でお年寄りをはねて死亡させ多額の賠償を負う事例も認識していました。
自転車に乗るのであれば、必須だと感じています。

付加できるものを比較

もともとJCBカードを持っていました。
トッピングで付加できるという簡単さと、値段がそれほど負担ではないので、決めました。
ちなみに先に述べた企業の場合、保険子会社も持っていましたので、その場合年間1000円の安さでしたので、比較すると高いとは思いますが、一般的にはJCBは安いと思います。

保険会社で比較したことはありません。
他にもクレジットカードを持っていますので、同じくトッピングできるかどうか、価格はどれぐらいかで検討しました。
自転車保険の場合、自分に対する補償より対人を考慮して、相手に対して最低一億円は補償すべきと思い、その条件を満たすものにしています。

安心感が違う

やはり安心感です。
もちろん事故をこちらから起こすべきではありませんし、イヤホンで音楽聞きながら自転車乗るなんてありえませんが、不注意は完全には無くせないものです。

これまで、先の企業に勤務していた時代を含めて、保険を適用したことは幸いありません。
しかし、先の勤務先での通勤は、自転車では、道幅が狭く、通勤時間帯はビジネスマンや学生の歩行者で非常に混雑し、横断歩道を渡らない歩行者も多々いましたから、接触の危険性もありました。

また、直近では、「体験談のタイトル」にも記載したように、こちらの確認が甘く、雨の中カッパを着ていて、横から走ってきた自転車にぶつかりそうになりました。
そのような事態に際して、相手に怪我をさせてしまった場合、最低限の責任を果たせるのは安心です。

悪かった点は、まだありません。
保険の場合、支払いまでがスムーズに進まないことがリスクとして考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です